はきはきと簡潔に

婦人

話題の導入に重要

合コンは男女の幹事がそれぞれ参加者を集めて開くものなので、参加者同士ほとんどが見知らぬ人となることが多いです。そのため、合コンでは乾杯の前後に自己紹介を行うことが多いです。いきなり自己紹介をしろといわれても、初めての合コンではどのような感じにすればいいか悩む人も多いでしょう。最初でなければ、最初の人が行う自己紹介のスタイルを踏襲していけば問題ありません。多いのは名前、年齢、仕事、趣味などを簡潔に言うというシンプルなものです。自己紹介はつかみの部分になるので、ウケ狙いのネタを仕込む人もいます。もちろんそのような高度コミュニケーションが可能ならばそのようにすればいいのですが、合コンが初めてという場合にはなかなかハードルが高いものです。コツとしては、自己紹介で重要なのは話す内容より話し方であることを意識しておくことです。そうすれば難しくはありません。ウケ狙いのネタなどを出すのが難しいときは無理せずに簡潔な自己紹介にとどめておくのが無難です。それよりも相手側の顔を見てはきはきと話すことを心がけましょう。下を向いたりもじもじしていたりするのはよくありません。何を話せばいいかわからないときは同性の人たちにふってみてもよいでしょう。話をふることにより、場に笑いや和やかさが生まれるという可能性もあります。無理をせず自然体で話せばよいのです。自己紹介はそれ以降の話題の導入にもなるので、地元ネタや休日の過ごし方、最近はまっていることなどを盛り込むとよりベターです。ですが冗長にならないように注意しましょう。